元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム » 機種別ボーダーライン・損益分岐点 »CR牙狼復刻版 ライト スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率(訂正あり)
<スポンサードリンク>

CR牙狼復刻版 ライト スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率(訂正あり)  


<スポンサードリンク>


garo.jpg


本日の新台は牙狼の復刻版になります。


読者の皆さん、こんにちは!ワスですm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、通常確率1/208のライトタイプであり、AKBなどと同じような仕様で非確変搭載機となっています。


よって出玉獲得の主な流れとしては以下のとおりになっています。

[1].1/208で初当たりを引く

[2].50%(1/2)で魔界チャンスを引く

[3].その電サポ中にV入賞で、15Rを引く
※電サポは100回転で終了

(↑フローは間違いにより訂正しましたm(__)m)


良い方への偏りによっては終日では2万発や3万発などの出玉もあり得る仕様になっています。

スペックとしては出玉面と連荘性ともにバランスも良く、ラウンド振り分けも少ないため比較的荒れる要素が少ないです。ただ、初当たりからの魔界チャンス獲得の50%が偏ることが予想され、こちらのほうも厳しい展開になることも想定しておくべきでしょう。

そして、肝心のボーダーラインはこのシリーズとしては辛目の印象となっています。

なお、電チュー賞球も1個とスペックダウンがあり、初代にあったVハズシなどの技術介入も効果がなくなっています。

この間は、減らないように打っていくことが大切で、アタッカーでのオーバー入賞も出来る限り行っていくようにしましょう。

もともとライトタイプですので、出玉依存というよりは、回転率を優先すべきですので、回る台を打っていくことが大切です。

出玉をマックスに獲得できたときのボーダーラインは17.2回/千円となりますので、ひとまずはここの数値を目指しつつ、現状での回転率を見てきましょう。

終日勝負をする場合では、最低でも回転率20回以上は目指していくべきだと考えていますす。

実践される場合は下記を参考にし、上手に立ちまわっていきましょう。


本日もありがとうございますたm(__)m



<基本スペック>
■大当たり確率 1/208.7
■確変突入率 なし
■時短 100回
■賞球 3&1&3&12
■カウント 9C
■大当たり振り分け

ヘソ
4R(電サポ100回):50%
4R(電サポ):50%

電チュー
4R(電サポ100回):32%
4R(電サポなし):18%
15R(電サポ100回):50%


■大当たり出玉
4R:360個
15R:1350個

<攻略スペック>
■トータル確率 1/55
■当数1回辺りの平均出玉 725個
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…19.0回
3.5円…19.8回
3.0円…20.6回
2.5円…21.6回
※持ち玉比率70%時
1円パチンコはこの数値×4

☆関連過去記事
【Q&A】パチンコの新台など初打ち機種の攻め方はどうすれば良いのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/96-36c3c625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop