元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム » 基本・基礎・知識 »ストロークの種類と回転率アップのコツ!右打ち時もスルーに配慮しよう!
<スポンサードリンク>

ストロークの種類と回転率アップのコツ!右打ち時もスルーに配慮しよう!  


<スポンサードリンク>


CR画像.2

パチンコは回る台を打つことが重要ですが、現在のパチンコは釘調整状況が厳しく、わたしたちがそんな台をただ適当に打ってもなかなか勝てると言える ほどは回らないものです。

そこで、自身で玉を打ち出すストロークの調整を行い、少しでも回せるようにし、回転率アップを図っていきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まず、基本となる3つのストロークをご紹介します。

CRネタ

1.チョロ打ち…玉がやっと越えるくらいに手前の位置を狙う最弱なストローク

2.ブッコミ打ち…この位置は定番なストロークで、どの機種でもまずはここから狙っていくのが基本

3.天打ち…ちょど天辺を狙うストローク、右のルートが使える前提での打ち方になり、左の通常ルートと右ルートの玉の流す割合は状態により調整が必要


これらは、現行ではいろんなゲージ構成もあり、多種多様になっていることからも名前を覚えておく程度で良いでしょう。

CR画像.1

難しく考えずに弱め、標準、強めの3つくらいで、分けて、ストロークを調整していく感じで良いかと思います。




また、昨今では右打ち機が大半を占めており、とくに電サポ消化においてはスルーの通り具合により、出玉への影響も大きくなります。

よって、右打ち時もストロークには配慮しておくべきです。確変中や時短中はただハンドルを全開にするのではなく、スルーを通りやすくすべく、弱め~強めで調整を行いましょう。

CR画像

ちなみにスルーに関しては、一般的に「スルーが通る」、「スルーが通らない」などと言ったりしますが、上手い人は「スルーを抜く」とも言います。これは、”スルーを抜けるように玉を打つ”ということなので、受け身の姿勢ではないのです。

さて、ストロークの調整というのは、「どこがベストか?」というとあくまでのそのホールの釘調整によりますので、その答えはありません。

大事なことは、「自身でベストな位置を探すこと」であり、言い換えると、「なにごともチャレンジすること」でもあります。

作業としては少々面倒だと感じるかもしれませんが、決して難しいことではないはずです。

いろいろなストロークを知っておけば、台の潜在性を逃さずに済みますし、なによりあなただけが知っているお宝台となるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
基本・基礎・知識の関連記事

category: 基本・基礎・知識

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/237-9c89aa14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop