甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム » 基本・基礎・初級者 »パチンコのストローク(打ち方)攻略と回転率を上げるためにすべきこと
<スポンサードリンク>

パチンコのストローク(打ち方)攻略と回転率を上げるためにすべきこと  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

パチンコには”ストローク”というものがあり、
これは、いわゆる打ち方であり、個人で違うものです。

また、釘調整が同じであっても打ち方によって、
回転率に差が生じることは、周知のことです。

よって、勝つパチンコを目指すうえで、すこしでも多く回すために、
ストロークや回転率アップを意識していくことが重要となります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー基本的な3つのストロークー

CRネタ

まず、ストロークの基本として、
「玉をどこの位置に狙って打つのか?」が大切です。

基本となる3つのストロークがありますので、
その位置と名称を覚えておきましょう。


【1】ちょろ打ち…ハンドルを超弱めにするストローク。
玉が盤面内にやっと届くくらい(かなり手前の位置)を狙う。

【2】ブッコミ打ち…この位置は定番なストローク。
どの機種でもまずはここから狙っていくのが基本。

【3】天井(天)打ち…ちょうど盤面の天辺を狙うストローク。
右のルートが使える前提での打ち方になり、左の通常ルートと右ルートの玉の流す割合は状態により調整が必要。


ーどこの位置がベストなのか?ー

CR画像.1

昨今では、多種多様であり、
いろんなゲージ構成(釘配列)の機種が存在しています。

よって、上記のように位置に固執することはなく、
弱め、真ん中、強めの3種類で打ってみると良いです。

この位置がベストという正解はありません。

よって、なにより大切なことは、自身で検証してみることでしょう。



ー右打ち時もストローク調整が必要と思うべしー

CR画像

また、昨今では右打ち機が大半を占めています。

とくに電サポ消化においてはスルーの通り具合により、
出玉への影響も大きく変わります。

よって、右打ち時もストロークには配慮しておくべきでしょう。

確変中や時短中はただハンドルを右に全開にするのではなく、
スルーが通り抜けるように、弱め~強めで調整を行いましょう。


ー回転率アップを目指すためにー

1508134492833.jpg

ストロークを調整することは、
ざっくり言えば、”丁寧に打つこと”です。

しかし、このざっくりしたことも実行していない人がほとんどです。

何も難しいことはないのです。

よって、回転率アップを目指すならば、
まずは丁寧に打つことを心がけましょう。


ーまとめー

CR画像.1

そもそもストロークひとつで、なぜ、こんな面倒なことをするかというと、

「台の潜在性を最大限に高めるため」

なのです。

また、いろいろなストロークを知っておけば、
台の潜在性を逃さずに済むことにもつながるというわけです。

それは、つまり、あなただけが知っているお宝台にもなりえることにつながるのです。

パチンコは回る台を打つことが重要です。

しかしながら、現在のパチンコは釘調整状況が厳しく、
わたしたちがそんな台をただ適当に打ってもなかなか勝てると言えるほどは回らないものです。

そこで、自身で玉を打ち出すストロークの調整を行い、
少しでも回せるようにし、回転率アップをはかっていくことが重要となるのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
基本・基礎・初級者の関連記事

category: 基本・基礎・初級者

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/237-9c89aa14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop