元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム » 機種別ボーダーライン・損益分岐点 »CRテレビアニメーション弱虫ペダル 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率
<スポンサードリンク>

CRテレビアニメーション弱虫ペダル 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.3


本日の新台は弱虫ペダルの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、6%で確変に突入し、次回まで継続する確変タイプとなっています。

基本的な連荘や出玉獲得の流れは、【初当たりを引く→時短50or30回で1/99を引く→確変突入】となります。

展開としても大当たりの種類が3~15Rまでと多くなっており、振り分けも細かく存在していることで、これが出玉獲得や展開の荒れる要素となっています。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個です。

平均連荘は2.8連程度と良いほうですが、いっぽうで出玉面は賞球というより大当たり振り分けにおいて3Rの存在や振り分け率が弱く、これが影響しスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

電チュー戻しは1個のため、長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの不可能となります。

この間は出玉の現状維持~微減となるように、少しでも工夫しながら消化していくようにしましょう。

少なくとも電サポ終了後に、上皿の玉が数十個単位で減っていくような台は、続行しないようにしなければなりません。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球10個と大きいので、唯一のアドバンテージを得る機会となりますのでオーバー入賞を狙っていきたいところです。

総合的に辛いスペックと言えますので、終日勝負で勝ちをもくろむ場合は回転率25~27回/千円以上は必要になってくると見ています。

体感的にはぶんぶん回って当たり前ですし、釘調整としても良く見えて当たり前といった感じになるでしょう。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、22.7回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得90個)

推定相場 1Rあたりの獲得85個 24.0/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。




<基本スペック>
■大当たり確率 1/99.9(1/47)
■確変突入率 6%
■時短 電サポ30、50、70回
■賞球 4&1&7&10
■カウント 10C
■大当たり振り分け

ヘソ
4R確変(電サポ次回):6%
4R通常(電サポ50回):79%
4R通常(電サポ30回):15%

電チュー
15R確変(電サポ次回):6%
8R確変(電サポ次回):5%
6R確変(電サポ次回):5%
4R確変(電サポ次回):6%
3R確変(電サポ次回):32%
8R通常(電サポ70回):5%
6R通常(電サポ70回):5%
4R通常(電サポ70回):6%
3R通常(電サポ70回):30%

■大当たり出玉
15R:1275個
8R:680個
6R:510個
4R:340個
3R:255個

<攻略スペック>
■トータル確率 1/36
■当数1回辺りの平均出玉 375個
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…24.0回
3.5円…24.8回
3.0円…25.6回
2.5円…26.6回
※持ち玉比率70%時
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)

関連記事:「大当たり確率と抽選の仕組み」数学的根拠から始まるパチンコ正攻法!
関連記事:パチンコ屋はなぜ儲かるのか?お店が儲かる仕組みを知る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/1425-963383a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop