元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム » 考え方、応用、常勝精神 »パチンコパチスロは心理戦でもある!ホール攻略は環境に適応すること
<スポンサードリンク>

パチンコパチスロは心理戦でもある!ホール攻略は環境に適応すること  


<スポンサードリンク>


20120124213009.jpg


初心者の方々をはじめ、パチンコの釘が見れない方も大勢いらっしゃるのではないかと思います。


目の前の釘が開いてるかどうかを考える前に、広くはパチンコやパチスロはお店とお客との心理戦でもあり、そのためにホールを攻略することがとても重要です。


読者の皆さん、こんにちは!ワスですm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


釘が見れない場合はカニ歩きで1台1台を試し打つしかないわけですが、当然ながら適当に片っ端から打っていてはお金がもちません。


島やコーナーなどおおまかにでも、的を絞っていかなければなりませんが、そんなとき、どういうところから見ていけば良いのでしょうか?



まず”お店の意図を読むこと”が重要になります。



これは何かというと、実は、釘の開けやすい場所(位置)があります。



お店側からすると、それは第一にお客に座ってもらいたい場所、箱を積んでほしい場所でもあります。



特別に難しい話をしているわけではなく、要するに”みんなから目立つところ”です。



それは具体的にどこかというと、入り口付近や大きい通路付近です。


あなたがお店に入った瞬間に、店内のお客がいないスカスカだと印象が悪く、見栄えが最悪です。


さらに、お客が座っているのに箱積んでもいなければもっと最悪ですよね。


昨今では箱を積まないシステムが無いシステムのホールが多くなりました。


このようなホールではお客が座っていないことにはいかに何も始まらないことであるかがわかるはずです。


ですから、おそらく、多くのホールがメインの入り口付近や目立つ場所に海物語シリーズや稼動の良い機種を設置したりしていることと思います。


また、そこで釘調整がひどいとなるとお客は定着しないわけですので、良くもなく悪くもない、いわゆる微妙な調整(ボーダーライン付近)が多いかと推測されます。


一方で、箱を積むホールでは、店内に入ってきた瞬間に一人も箱を一つも積んでない状態では「この店は何も出ていない」、「出さない店だ」と悪い印象がつけられて、お客が遠ざかってしまいます。


日常的に誤爆で大量に箱を積むこともまずあり得ませんので、パチンコは釘を開けたり、スロットは高設定を入れたりしなければいけないはずです。


そこで、その周辺の機種を平均的に釘を甘くしておくこともあります。


なお、メリハリをつけるかどうかはホール次第で、すなおに島の端っこの台が甘釘台や高設定台だということではありません。


あなたがホールに入った瞬間に目についた場所が、実は釘が設定が甘くなっている可能性の高い台でもあるのです。


また一方で、それらを無視して、自分の打ちたい台を打つことや、理由もなく打ち続けることがいかに危険であるかということでもあります。


自分本位ではなく、お店に合わせ、環境に適応することが加えて重要です。


ということは、自分中心でものを考え、気持ち(欲)だけで打つということは勝つということと真逆な行動をしているわけです。


まとめると、ポイントは以下の2点です。


1.ホール側の意図を考えること

2.自分本位ではなく、ホールに合わせる(環境に合わせる)こと



kiwomite.jpg


なにかと目の前の快楽や刺激に走ってしまうユーザーが大半ですが、『木を見て森を見ず』では、終着点はよい結果にはならないです。


普段の立ち回りの中で、ホール攻略を加えて考えていくことにより、いっそうの勝ちに近づくパチンコパチスロライフがおくれることと思います。


本日もありがとうございますたm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
考え方、応用、常勝精神の関連記事

category: 考え方、応用、常勝精神

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/1276-8bc28e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop