元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム » 考え方、応用、常勝精神 »ユーザーの9割が抱えている出玉を飲まれる恐怖感!パチンコとプロスペクト理論
<スポンサードリンク>

ユーザーの9割が抱えている出玉を飲まれる恐怖感!パチンコとプロスペクト理論  


<スポンサードリンク>


dorubako.jpg

この出玉は絶対に飲まれたくない!

このように思ってしまうパチンコスロットユーザーは多いことでしょう。


読者の皆さん、こんにちは!ワスですm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

誰しもせっかく出した出玉を飲まれたくないと思うものですが、この気持ちがあるゆえに逆に不利な勝負をし、自ら勝てなくしてしまっていることもあるのです。


・出玉飲まれたくない気持ちの最たる光景
この飲まれたくない気持ちの最たる光景があります。それは、「出玉はあるけど、ひたすら現金投資している光景」、「少し出たらすぐ流して交換し、別の台を現金で打つ光景」です。

これについては上級者の一部では、出玉計測などの理由から現金投資をしていたり、等価では出玉流したりすることはありますが、大半の方は「玉が飲まれるのがもったいない」という感覚からではないでしょうか?

冷静に考えて見れば、「お金を遣うほうがもったいない」訳ですが、ホールに入るとこの感覚がマヒし、見失ってしまっていると言えます。

間違っても交換率差のあるホールでは明らかに勝負が不利になるので絶対やってはいけません。


・損をしたくない恐怖感、利益がなくなる恐怖感
ここには利益が飲まれることや負けてしまうことへの恐怖感というのもきっとあることでしょう。

そうすると、パチンコパチスロではどうしても粘れなくなってしまい、すなわち平均的に大きく勝つことが難しくなります。


・もったい無いという感覚は大事
ホールで打ち始めると不思議なことに盤面を飛ぶ玉には無頓着になりながら、出てきた玉に関してはもったいないという感情が強くなります。

もちろん、この「もったいない」という感情は実は大切だと考えていますが、行動がともなっていなことが問題なのです。


keisann.jpg

・お金の前にみるべきは玉とコイン
そのうえでパチンコパチスロの機械割ペイアウトはお金ではなく、玉やコインで計算されていていますので、お金で計るのではなく、まずは玉数やコイン枚数で見なければなりません。

大半の方は、玉よりももったいないのはお金であり、「玉よりもお金が大事」ですが、そのお金にとらわれてその一連のプロセスにある玉やコインを見失っているというのが現状だと思います。



そもそもこれらは行動経済学からは人間の「損は認めず確定したくないが利益はすぐ確定したい」という心理であり、「プロスペクト理論」というものです。

「投資がかさめばかさむほど取り返したくなる」
「勝ってるうちに辞めたくなる」

この心理は誰しも持っているものだと考えられていますが、では果たしてこの心理はギャンブルと向かい合う中でどのように影響してしまうのか理解しておくと良いかと思います。


・勝つための損小利大が鉄則
私たちが勝っていく上で当然のように学ぶ「損は小さく、利益は大きく」という言葉はパチンコにも当てはまります。

「勝つときは大きく勝ち、負けるときは小さく負ける」

ところが、この行動経済学の理論から見ると、勝つときは小さく、負けるときは大きくなってしまうのです。つまり、になってしまいます。


・勝っている人は常に損小利大
一方で、トータル的に勝っている人というのは損小利大を守っています。パチンコでは当たった時に大きく勝ち、当たりが引けなかったときは小さく負けるのです。

損小利大というのは、前の日に5万円勝って次の日に、1万円負けたから帰るとかといった単純なものではありません。

同じプレイ数を回しての比較になりますので、1000回回して5万円勝ったなら、次の日も1000回回して勝ち越すといったイメージになります。

例えば、その日の実践で当たりゼロ回だったとしても、小さく負けるように打っていて、それの積み重ねがトータル的に大きな誤差となって小さく負けるということになります。


・終日の勝ち負けに一喜一憂しない
どうしても目の前の勝ち負けが気になってしまうものです。しかし、この図中にはまらないためにも短期的な勝ち負けになるべく一喜一憂しないようにしなければなりません。

わたしたちは「トータルでプラス」、「長い目で見てプラス」になることが目標だということを忘れてはいけないでしょう。


この理論は収支記帳をはじめ、日頃からの姿勢など総合的に理解したうえではじめて断ち切れるもので、簡単に排除できるものではないと考えています。

「勝ったときに謙虚な気持ちに戻り、目の前のことにとらわれずに冷静に先を考えることが出来るのか」

なぜなら、勝ったときに何しない人は、負けたときにはもっと何もしないでしょう。

そのようにならないためにも、日頃の収支記帳や管理をしっかりしていくことが大切だと思います。

本日もありがとうございますたm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
考え方、応用、常勝精神の関連記事

category: 考え方、応用、常勝精神

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2
<スポンサードリンク>



コメント

よく行く26.5玉の店でも、持ち玉有りの現金投資や流しての現金投資がホント多いです。 因みに負けパチンコしてた頃は自分もしてたと思うとゾッとします。 

リーマン #- | URL
2015/05/03 11:52 | edit

Re: リーマンさん

ありがとうございますm(__)m


ワタスも、はるか昔にその場の勝ちや利益にとらわれて流したりしてますたよw


当時は40個交換ですたから、何やってんだ状態ですよw


これは誰しも通る道なのかもしれませんよね(^^;)

導★案♪ #- | URL
2015/05/03 19:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/1190-1b0ceb41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop