甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム » 応用・精神論・思考 »パチンコの「オカマをほられる現象」とは?ハマリ台狙いやカニ歩きは意味がない理由
<スポンサードリンク>

パチンコの「オカマをほられる現象」とは?ハマリ台狙いやカニ歩きは意味がない理由  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

「自分が辞めた台を次の人が座るとすぐ当たる」


多くの方がここになにか意図的な部分を感じるでしょうが、じつはパチンコではよく起こる現象です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ーオカマをほられるとは?ー

1503745470105.jpg

次のお客にすぐに当てられることを”オカマをほられる”と言います。

自分がもう出ないと思って辞めているため、言葉も受け身として強く、オカマをほられた身としては決して良い気分ではないでしょう。

冒頭にも書きましたが、この現象は体感としてはよくある現象です。

パチンコは一回転毎の抽選になっていますので、次のお客がすぐ当たるということは、全然あり得えます。

「んじゃ、自分が打ち続けていたら当たってたんじゃないか?」

と思ってしまいますが、そうではありません。

パチンコの抽選の仕組みをまずは知っておきましょう。
「大当たり確率と抽選の仕組み」数学的根拠から始まるパチンコ正攻法


ーパチンコはオカマの掘り合いー

1502080100310.jpg

パチンコの抽選の仕組みを知れば、わかることがあります。

それは、「パチンコはオカマの掘り合いであること」でしょう。

そう考えれば、「オカマをほられた」という現象は、これは自分にも起こります。

現に他の人が辞めたあと、数回転程度やまたは投資500円で大当たりなんてこともあるでしょう。

次の一回転で当たる可能性が常にあるパチンコにおいてはこのような光景が頻発しているのです。

つまり、オカマの掘り合いを常にしているので、気にしても意味がないのです。


ーハマリ台狙いやカニ歩きは無意味ー

1479081995345.jpg

「ハマっているからそろそろ出そうだ」

「各台を少しずつ回してカニ歩きしよう」

このように思うのもパチンコを楽しむうえで一定の理解はできます。

しかしながら、上記で説明しているように本来であれば、無意味なものとなります。

実際にそろそろ出そうだと思っていても、そこからさらにはまってしまうことも日常的にあり得ます。

さらに、そこで自分が離れて次のお客がすぐ当たってしまえば最悪でしょう。

カニ歩きも同様のことが言えます。

このような勝負をしていると、退き際も分からなくなり、大負けを繰り返すことにもなるでしょう。


ーパチンコは人が変われば出る説ー

1457000936151.jpg

パチンコユーザーの中では昔から「人が変われば出る」という説が語り継がれています。

この迷信も背景にあり、自分が辞めた台を次のお客がすぐ当たるといった話にもなっているのでしょう。

しかし、そんなことはないのです。

もし、それが本当だとしたら、最強の攻略法といっても良いでしょう。

2人以上でパチンコ屋に出向き、入れ代わりで打てば当たりを引けて、簡単に勝てることになります。

そもそも「人が変われば出なくなる」という逆も考えなくてはなりません。


ーデータ表示器が無かった過去ー

1474101210414.jpg

今パチンコを始めた方は分からないかもしれませんが、昔は台の上部にデータ表示器がなかったのです。

ですから、「オカマをほられる」、「ハマリ台狙い」などの思想もなかったのです。

体感的にパチンコをしている人が多いうえに、データ表示器の導入により、少しずつ浸透してきたといえるでしょう。

つまり、これらは、私たちパチンコユーザーが勝手に作り上げたものでもあるのです。


ーまとめー

CR画像.4

「自分に起こるのはいいけど、他人に起こるのは不快」

正直このような気持ちになるのがパチンコ含めギャンブラーの胸の内というやつです。

しかしながら、世の中にこんな都合の良いことが続くはずがありません。

先に述べたように、他人に起こっていることが自分にも降りかかるのがパチンコです。

よって、他人の当たりを喜べるようになれば、それは自分にもはね返ってくるとも言えるのです。

どちらの考え方がポジティブで勝負事に向いているのかは容易に理解できるでしょう。

志として、そのくらいの心の器を持っておくことも長く勝ち続けていくためには大切なことだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
応用・精神論・思考の関連記事

category: 応用・精神論・思考

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 4
<スポンサードリンク>



コメント

ホールによっては、ジグマみたいな人がいます。 そういう場合どう対処してますか? 遠慮しますか?

名無しん #- | URL
2017/11/18 04:18 | edit

Re: 名無しんさん

いつもどうもですm(_ _)m

とりあえず、横取りしたと思われるは嫌なので、その人が打ってる台は避けますが、それ以外はまったく気にする必要はないかと思います。

本当の勝ちキャラで「ライバルが現れて自分の縄張りだから入ってくんなよ」的な人はさすがにいないと思いますので…。

台は一般のお客や釘が良ければ同業同士でかぶることもよくある話です。

その際にいざこざになるかというとそうでもなく、他の台を探すだけです♪


というのも、ジグマと言えば、ちょっと前までの自分でした。

ライバルや同業がきてもウェルカムですよ♪


というわけで、同業を気にするよりも、一般の常連さんの迷惑にならないようにや箱を積むなどしてお店側に気を遣っていくほうがベターだと思います。

それにしても、名無しんさんがそこまで気にされてるということは、かなりイイ人と見えますね(^^;)

導★案♪ #- | URL
2017/11/18 18:45 | edit

回答有り難うございます。 勿論暗黙的な事は分かりますが… でもやはり自分は基本台は早い者勝ち(抽選)だと思ってます。 あとマーク屋的に思われたくはない。 そんな葛藤があります(笑) ただ朝一確保した台に向かうと、後ろで腕組みして自分の顔を確認して去って行った時は少し不愉快でしたね。  勿論揉め事は嫌ですが、そこまで気使いしたくないですね (笑) 

名無しん #- | URL
2017/11/20 03:23 | edit

Re: 名無しんさん

こちらこそどうもなのですm(_ _)m

なるほど、実際にそんな経験があったのですね。

後ろで腕組みして…となれば、正直、自分も不快です。

あからさまな態度が立ち振る舞いにあらわれる人は、”自分の台”だと思っているかもしれません。

また、この類はいざこざにも発展する可能性があるとも思いますので、あんまりひどいようでしたらこちらが手を退くしかないですよね。

内心では、台を取られたくらいで「器が小さいし、臨機応変に立ち回れなくて情けない人」だなとも思うわけですが、できるだけ関わりたくないのもまた本音です…(^^;)

導★案♪ #- | URL
2017/11/20 20:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/1128-b1d7c3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop