元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム » よくある質問・疑問集 »パチンコでボーダー以上の台を打っているけどなかなか勝てない?初級者や中級者が陥るボーダーラインの罠
<スポンサードリンク>

パチンコでボーダー以上の台を打っているけどなかなか勝てない?初級者や中級者が陥るボーダーラインの罠  


<スポンサードリンク>


CRネタ


「ボーダーライン以上の台を打っているのだけどなかなかプラス収支にならないのですが?」

「回る台を打ちましょう」と口すっぱく言われる中でそのとおりに打っているけれど収支がついてこないのは、単純に運が悪いとばかり言えない可能性もあるのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

とくにボーダーラインを覚えていざ実践をしている、初心者から中級者に多いのが、ボーダーラインを回転率だけで判断していることです。


あらためて、ボーダーラインとはなんぞや?というところから理解し、誤解や思い違いのないように注意しましょう。


ー期待値と実収支ー


通常であれば、釘の良い台を打っていければそれだけ、、プラスの仕事量(期待値)を日々、積み重ねられ、グラフのように右上がりになります。

期待値と実収支

そして、それを沿うように実収支もジグザグしながら右上方向に向かいます。ということは、長期的には少なくともマイナス収支になる可能性はきわめて低いと言えます。

一方で、一般のパチンコユーザーの大半は右上方向に向いていませんので、一時的に大きく勝ったとしても長い目で見れば、収支がプラスにならず、逆に右下方向に向かう可能性も高くなっているのです。


ーボーダーラインのおさらいー


「ボーダーラインって何?」ってところにさかのぼりますが、損益分岐点のことです。

トータル確率÷(平均出玉×4/100)=ボーダーライン

この式を見てもわかる通り、まず先に出玉が分からなければボーダーラインは分かりません。


投資と還元の分岐点ですから当たり前ですけど還元(出玉)の部分が存在しなければ成り立ちません。

つまり、出玉も把握していなければなりません。そして、この出玉はホール毎の釘調整によって変わります。

出玉把握については、現在ラウンドが複数あることからも、1R辺りの獲得出玉を見ていくというのが主流でしょう。


ー初心者や中級者に多い出玉把握ミスー


「ボーダー以上回っているからOKだ。出玉の詳細は不明」

回る回らないというのは計測しているがが、出玉把握については無頓着になっている人も実は多く、この”出玉の詳細”が大事なのです。

できれば、”何個取れているのか”まで把握しておく必要があります。ざっくりといってもせめて数十個単位までは計測して把握しておくべきだと考えています。

パチンコを回る回らないだけで判断していた場合は、あなたの思っているボーダーラインは真のボーダーラインではない場合も多々あるのです。


ーボーダーラインの罠に落ちないためにー


現状で、回すようにしているけれど、出玉は大きく削っているといったお店も少なくないのです。このようなお店の罠にもはまってしまうことにもなってしまいます。

そんな誤解や思い違いをしないようにボーダーラインの罠に落ちないために覚えておいてほしいこととしては以下のようにとらえておくと良いと思います。

「獲得出玉○○個時のボーダーラインは○○だ」

このようにとらえ、考えていくと誤解もないのではないかと思いますし、むしろこちらのほうがボーダーラインの正しい言い方となるのだと思います。


そして、これらを一通り理解したうえで、このボーダーラインを機種に合わせて打っていきます。その際に、どの程度を目指し、理想とするべきでしょうか?


ー打つべきボーダーラインの理想ー


ボーダーライン(損益分岐点)の台は収支がゼロ円ですので、打ち続けていても意味がありませんし、ボーダーラインを越えている台を打つことで初めて利益が見込めるわけです。

また、これはただボーダーラインを越えていれば良いということでもなく、勝つための打っていくべきレベルも大切になってきます。

大半の方が資金が潤沢にないと予想される中で、ボーダーラインでプラス3回転の台をまずは目指していくべきと考えています。

回転効率/H(1時間辺り)…時間差玉(4円時給)

・160/H…352個(1408円)
・170/H…374個(1496円)
・180/H…396個(1584円)

あくまで目安にすぎませんが、だいたい時給1500円程度になってきますし、この辺がやっと形になってくるのかなと思います。


ースペック別でのボーダーライン理想ー


また、打つスペックに対して機転をきかせながらボーダーラインの目標を定めるのも良いでしょう。基本は当たりが取りにくいタイプは辛めに見ていく必要があります。


・マックスタイプ⇒ボーダーライン+5回転以上

・ミドルタイプ⇒ボーダーライン+3回転以上

・甘デジ遊パチ⇒ボーダーライン+2回転以上


実践の中ではこれらの数値に対して微妙なところを推移する場合も多々あるかと思います。そのときは、自分の決めたラインに落ちるまでは、下手に移動を繰り返すよりは、打ち続けるほうが賢明だと思います。


最後に、ボーダーラインというものを短期的に見ている人がとても多いです。


「回る台打って1000ハマリ喰らって負けた」

「釘の良い台打ったってハマったら意味ない」


こんなことは終日などではよくある光景ですし、理論実行者は数えきれないほど経験しています。しかし、こういった日々の実践を数十回、数百回と続けていくことに意味があるので、百も承知のことなのです。

理論とは、長期的に見るべきものであると言われている中で、逆に言えば「短期的に見てはいけないもの」だと言えます。

もし、短期的に見てしまえば、「ボーダーなんか通用しない」といった上記のような結論に至ってしまうでことしょう。それこそ初心者などに起こり得る大きな罠と言えるのかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
よくある質問・疑問集の関連記事

category: よくある質問・疑問集

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 4
<スポンサードリンク>



コメント

初めまして(⌒▽⌒)

初コメです(*^◯^*)
自分は、スロしかしませんがパチンコも視野に入れたいと思ってます(*^o^*)
簡単な世界ではないですが、少しずつ勝てる様になりたいです*\(^o^)/*
良かったら、仲良くして下さい笑


あと、甘デジをょく打ってますが理由はありますか?
単純に釘等がぃぃからですか?^_^;












最強伝説KKR #- | URL
2014/11/21 00:05 | edit

甘の方がチョット玉増やしただけでガクッとボーダー下がります。また初当たりの数が引けるため電サポ終了時の残り保留分が丸々得します。近年の最高峰は甘V3かな?ボーダー13.5くらいまで下がります。ただ基本数台しかないので打てる台探すのが大変です。日当2万5千〜3万だとチョット触ったらすぐ閉まるかと…


年間100万欠損ってキツくないっすか?

#- | URL
2014/11/21 07:43 | edit

Re: 最強伝説KKRさん

初コメありがとうございます(^^ゞ

スロッターさんですね♪
ども元スロッターのワスです(^_^;)

喜んで今後ともお付き合いお願いします。


ご質問の件ですね、


もちろん一番の理由は”釘”ですよ。

そして先に名無しさんが大切なことを言われてたように技術介入の影響度が高いんです。
なので、普通の人が負けるところでも勝てたりすることが多くなります。

スロでいうところで機械割への影響が高いんですね(^_^;)


さらに甘デジは確率が1/100程度となっていますので安定性も高く、結果もついてきやすくなります。
われわれは稼働時間が限られていてしかも少ないですからドカンと大きく勝つよりは安定性です。


スロでいうところだと、ボーナス確率が1/300よりも1/100のほうが早めに結果が出ますよね。

導★案♪ #- | URL
2014/11/21 19:12 | edit

Re: タイトルなし

どうもありがとですm(__)m

いいこと言いますね~(^^)

うん、甘デジは釘が厳しいことも多いですよね…。
現状でうちの店は開けてます~的なところは皆無かもしれません。


ホールとして当たりがつきやすいから釘悪くてもごまかせるのかなとも感じます。


年間100万欠損は今の自分にはちょー厳しいですよ。
たいたい年間で仕事量100万円くらいですから下手すりゃ年間収支ゼロ円ってことになります。


でもマックス機やミドルだったらあり得るかな~。
甘でも月間30万欠損ですからマックスタイプだと月間で欠損100万もあり得ますなw

パチプロのデラとよまるさんはガロで欠損300万だったらしいです。

導★案♪ #- | URL
2014/11/21 19:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarepachi.blog.fc2.com/tb.php/1100-28eb99e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop