甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム »2018年02月
2018年02月の記事一覧
<スポンサードリンク>

朝一1回転で当たって17連!2018年も勝気満々と雲が晴れてもかすむ日々  


<スポンサードリンク>


CR画像.3

勝つどぉーとか言いながら、調子はよくなかったりしますw

さて、今年初手のパチンコの調子がいかがでしょうか?

そこの!

1518344381485.jpg
/あなた!\

2018年も勝つために、ワスがお伝えしたいことはー!

1518344381485.jpg
/ただひとつ!\


”まともに店選び、台選びをしましょうw”


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


というわけで、最近よく打っている「花の慶次~雲のかなたに~(甘デジ)」の実践3回戦稼働報告。

その前に、前回の記事→ST確変確率1/450の超越した新台が登場!?フル攻略で挑めよ、勝利は雲のかなたに

1518344506976.jpg

ある程度ならブログネタや笑いにもできますが、
ずっとこういう仕打ちなら笑えなくなりますって!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
稼動・実践・感想の関連記事

category: 稼動・実践・感想

thread: パチンコ・パチスロ日記

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRぱちんこGANTZ(ガンツ) ライト スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.4

本日の新台はGANTZのライトになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入60%で次回まで継続する確変機タイプとなっています。

初当たり確率は1/158とライトタイプにしても比較的にやさしくなっており、
確変突入率もとりあえず60%あるので、それなりに期待はできそうです。

しかしながら、小当たりラッシュ搭載の理由からなのか、出玉無通常など大当たりの種類も多少ばらつきが見られ、
この辺が少し展開や収支のあれる要素となっているでしょう。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.1連程度と弱く、いっぽうで出玉面は賞球やカウント数よりも出玉無し通常が40%もあることで、
この影響で全体のスペックを落としているように感じられます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、
中長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げが不可能となります。

なお、16R当たり以外は小当たりラッシュがつきませんので、
この間は出玉の現状維持を最低ラインとして工夫しながら消化すべきでしょう。

また、大当たり中はアタッカー賞球10、12個と大きいほうですので、
オーバー入賞を狙いながら、出玉を1発でも多く獲得することにつとめましょう。

なお、小当たりラッシュの全容が把握できていないので、
推測込みでのボーダーラインとなります。

おおむねこの付近の数値となると思われますが、
実際の出玉を計測しながら臨機応変に対応していきましょう。

それらを加味しても、総合的に辛いスペックとなります。
回転率も25回千円以上は超えてこないと打つ価値すら問われるといったところでしょう。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、22.5回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得88個)

推定相場 1Rあたりの獲得85個 23.3/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRフィーバークイーン2018(DS:ダイナムスペック) 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

本日の新台はフィーバークイーン2018ダイナムスペックの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入100%の8回限定のSTタイプとなっています。

一般機との違いは、「通常確率、時短回数、大当たりの種類、大当たり振り分け」が微妙に違う程度です。

差がほぼ皆無となるので、
展開や収支に大きな影響が出る様な変更ではないと思われます。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.9連程度と、標準並みと言えます。

出玉面は8C賞球10個で、大当たり振り分けも良いほうでしょう。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは標準~やや甘めの印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は左打ち機ながらも電チュー戻しは2個のため、
中長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げを残しています。

ただ、前作同様に、玉が電サポまで到達するまでの釘の数や調整具合を考慮すると、
底上げの希望や期待はできないと思われます。

この間は出玉の現状維持~微減で抑えられるように、
工夫しながら消化すべきでしょう。

また、大当たり中はアタッカー賞球10個と大きく、
右側ゲージからも玉を流すオーバー入賞も一応ながら見込めます。

しかしながら、電サポ中の理由同様に、期待は薄く
時間切れのリスクも出てきます。

よって、無理をせずに、すみやかに消化していきましょう。


総合的にバランスの良いスペックとなりますが、
出玉の増減によるボーダーラインへの影響度はやや高い機種です。

よって、回転率も大事ですが、
より出玉面を重視しながら実践していきましょう。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、18.9回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得72個)

推定相場 1Rあたりの獲得65個 20.9/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRフィーバークイーン2018 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

本日の新台はフィーバークイーン2018の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入100%の8回限定のSTタイプとなっています。

年配層に人気のこのシリーズですが、
シンプルな構成はそのまま生かされていると思われます。

よって、荒れる要素も少なく、安定的な展開や収支が望めると見込めます。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は3.1連程度と、標準並みと言えます。

出玉面は8C賞球10個で、大当たり振り分けも良いほうでしょう。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは標準~やや甘めの印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は左打ち機ながらも電チュー戻しは2個のため、
中長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げを残しています。

ただ、前作同様に、玉が電サポまで到達するまでの釘の数や調整具合を考慮すると、
底上げの希望や期待はできないと思われます。

この間は出玉の現状維持~微減で抑えられるように、
工夫しながら消化すべきでしょう。

また、大当たり中はアタッカー賞球10個と大きく、
右側ゲージからも玉を流すオーバー入賞も一応ながら見込めます。

しかしながら、電サポ中の理由同様に、期待は薄く
時間切れのリスクも出てきます。

よって、無理をせずに、すみやかに消化していきましょう。


総合的にバランスの良いスペックとなりますが、
出玉の増減によるボーダーラインへの影響度は高い機種です。

よって、回転率も大事ですが、
より出玉面を重視しながら実践していきましょう。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、18.8回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得72個)

推定相場 1Rあたりの獲得65個 20.7/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

パチンコやスロットの「縦の比較」、「横の比較」とは何なのか?  


<スポンサードリンク>


tateyoko.jpg

パチンコやスロットの立ち回りには、
「縦の比較」と「横の比較」というものがあります。

どんな場面で重要かというと、
それは、店選びや台選びの際です。

さて、このパチンコにおける縦と横の比較とはいったいどんなことなのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー比較と言っても何を比べているのか?-

CRネタ

まず、比較と言っても、何を比較しているのでしょうか?

パチンコは「台」、そして、その台の「釘」です。

また、スロットは「台」、そして、機械割をつかさどる「設定」です

勝ち負けや収支に一番関わる部分ですので当然と言えば当然でしょう。


ー縦の比較の”タテとは”ー

CR画像.4

縦の比較の意味は、”同じ台を現在と過去で比較”をさします。

例えば、昨日打った台や数日前に打った台の釘調整具合と今の状態を比べてみます。

「そのときに比べて釘が締まったのか?、または開いたのか?」

「そのときに比べて設定は上げている様子なのか?」


これらをを判断することです。

つまり、”タテ”=”現在と過去”ということになります。


ー縦の比較の重要性ー

CR画像.1

お店はある一定のスパンで釘調整や設定変更をします。

当然ながら釘は開いたり締まったり、スロットは設定の上げ下げを繰り返します。

その最中で打ち手であるわたしたちがその判断が出来なければ、
勝てない台でも打つ可能性が高くなってしまいます。

縦の比較の場合は、以前に打った台が「釘調整がこれくらいで実際打ってどれくらいだったのか」を記録していたり、
記憶力や経験も大事になってくるでしょう。
-- 続きを読む --
応用・精神論・思考の関連記事

category: 応用・精神論・思考

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop