甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム »2017年11月
2017年11月の記事一覧
<スポンサードリンク>

CRぷよぷよ(小当たりラッシュ搭載機) ライト スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.2

本日の新台はぷよぷよのライトタイプになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、65%で確変に突入し、次回当たりを引くまで継続する確変機タイプとなっています。

大きな出玉獲得の経緯は2R当たりではなく、主に小当たりラッシュ突入となります。

また、基本的な想定される展開は以下の通りです。

初当たりで電サポ次回54.9%を引く

電サポ中に25%程度の小当たりラッシュを引く

小当たりラッシュ突入でまとまった出玉獲得

2R通常を引き、時短突入を経て終了



言うまでもなく、小当たりラッシュに入らないと出玉面としても乏しく、荒れる展開が予想されます。

初当たり確率も甘デジよりも辛いため、初当たりが重いと苦しい展開は必至でしょう。



<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は3.5連程度で良いほうだといえるでしょう。

出玉面は賞球12個と大きく、基本は2R出玉のみ+小当たりラッシュとなりますが、総合的にもそこまでスペック自体は悪くないと思われます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは標準~やや辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機で電チュー戻しは1個により、電サポ間での出玉の底上げが不可能となります。

確変中の確率が1/28ですので、電サポも40~50回程度なら消化する機会があるでしょう。

この間は止め打ちなどを敢行し、この間は最低でも現状維持できるように、工夫しながら打っていきましょう。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球12個と大きく、唯一のアドバンテージを得る機会になります。

ゆえに失敗を恐れずオーバー入賞に挑戦していきましょう。


ボーダーラインについてですが、小当たりラッシュの具合が情報も少なく、なかなかつかみにくいです。

・小当たりラッシュ突入時の期待出玉が3600個

・小当たりラッシュ1回を1連鎖でアタッカー1回開放と想定

・1連鎖辺り2個入賞で22個獲得と想定


これらをもとに推測値で出しています。

いわゆる、「1回転辺り〇個」というのは実践して照らし合わせる必要があるでしょう。
(上記では、1回転(1連鎖)辺り22個になります)


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.3回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得110個+小当たりラッシュ22個)

推定相場 1Rあたりの獲得105個+小当たりラッシュ21個 21.2/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

甘デジ800回転ハマリで壮絶!ファン感謝デーの当選と地獄の底をめぐる日々  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

ファン感謝デーにて、「全日遊連賞のトートバック」が当たりました。

じつは、ここ何年かは、くじ引きでなにかかしら当たっているワスです。

でもね、正直、このクジよりもパチやスロでタコ出し爆出ししたほうが、
よっぽど気分的にも収支的にも良いのは間違いないです。

というわけで、皆様の結果はどうだったでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


実践のほうですが、ファン感謝デーの土曜日、日曜日の2日間を攻めてみました。

というのも…。


「ファン感謝デーだから回収とか関係ないんだよ!」


てのをわが実践をもって、実証しようと思ったのです。


1487550786229.jpg

機種は「ガオガオキング2」です。

ワスが最近打っている元スペックが甘い機種のひとつになります。



【第一日目の結果】

一目瞭然の実践結果のグラフをご覧ください。

CR画像.4

投資 4750個

回収 0個

仕事量 15161円


CR画像.1

というわけで、一度もプラス域に届くことなく、普通にやられました…。

最後は500回転ハマリ&持ち玉飲まれ&時間切れというフルコース。

終わったあとに、「そういや今ヒキが異常に悪い時期だったな」とか言い訳をかましつつ、
翌日に希望を残して、この日は帰宅しました。
-- 続きを読む --
稼動・実践・感想の関連記事

category: 稼動・実践・感想

thread: パチンコ・パチスロ日記

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 4

プロの出入り禁止は法的にありなのか?風営法を棚に上げ、押し付けられるハウスルール  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

「一部、この企業組織の神経を疑うようなルールがあるが…」
(打ち子軍団に対する直接的なもの?)

少し前に、話題になっていた止め打ちや変則打ち、そしてプロ出入り禁止問題。

法的にはどうなのかという議題で、元パチプロの弁護士が答えているようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

☆URL:パチンコ屋「プロ禁止」は有効? 「遊戯」が上手いからって追い出しても良いのかhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00006933-bengocom-life
引用:
パチンコ・スロット店でたまに見かける「プロ禁止」の張り紙。プロだとバレたら追い出され、「出禁」になることもあるという。

プロといっても、パチスロに国家資格があるわけではないので、すべては店側の判断だ。たとえば、通常一定の位置まで回してキープするハンドルを細かく操作する「変則打ち」や、もう少しで当たりが出そうな(天井が近い)台だけを狙う「ハイエナ」などが対象になりやすいようだ。
:引用終了

ー出入り禁止流行のきっかけとなった機種ー

CR画像.1

この出入り禁止は、一般のお客さんは関係ないと思いますが、
いわゆるプロというよりも”パチンコの上級者”は一度は経験があるのかもしれません。

また、出禁勧告を受けた場合は、ほとんどの方は納得がいかないながらも素直に従っているかと思います。

ちなみに、この出入り禁止が流行し始めたきっかけの機種というのがあります。

釘

それは、「AKB銭形平次」です。

この人気機種の技術介入をきっかけに、技術介入者を中心に出禁が拡散したと推測されます。


ー法的根拠はないが…ー

CR画像.3

すでに周知の方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり法的根拠は無い模様です。

じゃぁなんで出禁が可能なのかというと、お店のルールが存在するのです。

いわゆる「ハウスルール」というやつです。

「飲酒後の遊技はダメ!」

「台を叩いたり揺すったりはダメ!」

などの張り紙を見たことがあると思います。

ところが、このハウスルールは超くせものだと言えます。
-- 続きを読む --
話題・雑感の関連記事

category: 話題・雑感

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 1

CR世界で一番強くなりたい! 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


sekaideitibann.jpg

本日の新台は世界で一番強くなりたい!の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、60%で確変に突入し、次回まで継続する確変タイプとなっています。

確変突入60%が一つの鬼門となり、確変の終わりは出玉無当たりの仕様となっています。

また、大当たりの種類が厳密には7種類あり、収支の荒れる要素となっています。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.4連程度とやや弱い印象となり、いっぽうで出玉面は賞球というよりも出玉無し当たりの存在や大当たり振り分けに弱さが見られ、これらがあいまって全体のスペックを落としていると感じます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、中期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げが不可能となります。

初心者の方は出玉の現状維持~微減となるように、少しでも工夫しながら消化していくようにしましょう。

少なくとも電サポ終了後に、上皿の玉が目に見えて減っていくような台は、続行しないようにしなければなりません。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球7、8個と小さいながらも、唯一のアドバンテージを得る機会となりますのでオーバー入賞を狙っていきたいところです。

総合的に辛いスペックと言えますので、終日勝負で勝ちをもくろむ場合は回転率25~27回/千円以上は必要になってくると見ています。

体感的にはぶんぶん回って当たり前ですし、釘調整としても良く見えて当たり前といった感じになるでしょう。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、21.0回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得63個)

推定相場 1Rあたりの獲得60個 22.1/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

パチンコのカニ歩きやはまり台狙いは意味がない!「オカマをほられる現象」起こる理由  


<スポンサードリンク>


CR画像.5

「自分が辞めた台を次の人が座るとすぐ当たる」


多くの方がここになにか意図的な部分を感じるでしょうが、じつはパチンコではよく起こる現象です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ーオカマをほられるとは?ー

1503745470105.jpg

次のお客にすぐに当てられることを”オカマをほられる”と言います。

自分がもう出ないと思って辞めているため、言葉も受け身として強く、オカマをほられた身としては決して良い気分ではないでしょう。

冒頭にも書きましたが、この現象は体感としてはよくある現象です。

パチンコは一回転毎の抽選になっていますので、次のお客がすぐ当たるということは、全然あり得えます。

「んじゃ、自分が打ち続けていたら当たってたんじゃないか?」

と思ってしまいますが、そうではありません。

パチンコの抽選の仕組みをまずは知っておきましょう。
「大当たり確率と抽選の仕組み」数学的根拠から始まるパチンコ正攻法


ーパチンコはオカマの掘り合いー

1502080100310.jpg

パチンコの抽選の仕組みを知れば、わかることがあります。

それは、「パチンコはオカマの掘り合いであること」でしょう。

そう考えれば、「オカマをほられた」という現象は、これは自分にも起こります。

現に他の人が辞めたあと、数回転程度やまたは投資500円で大当たりなんてこともあるでしょう。

次の一回転で当たる可能性が常にあるパチンコにおいてはこのような光景が頻発しているのです。

つまり、オカマの掘り合いを常にしているので、気にしても意味がないのです。


ーハマリ台狙いやカニ歩きは無意味ー

1479081995345.jpg

「ハマっているからそろそろ出そうだ」

「各台を少しずつ回してカニ歩きしよう」

このように思うのもパチンコを楽しむうえで一定の理解はできます。

しかしながら、上記で説明しているように本来であれば、無意味なものとなります。

実際にそろそろ出そうだと思っていても、そこからさらにはまってしまうことも日常的にあり得ます。

さらに、そこで自分が離れて次のお客がすぐ当たってしまえば最悪でしょう。

カニ歩きも同様のことが言えます。

このような勝負をしていると、退き際も分からなくなり、大負けを繰り返すことにもなるでしょう。
-- 続きを読む --
応用・精神論・思考の関連記事

category: 応用・精神論・思考

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 4
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop