元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム »2017年01月
2017年01月の記事一覧
<スポンサードリンク>

CRF a-nation(エーネーション) 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


anation.jpg

本日の新台はエーネーションの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、100%で確変に突入し、限定50回のSTタイプとなっています。

大当たりラウンドの振り分けも主に2種類と少なく、安定した展開が望めそうです。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.5連程度と弱めの印象もあり、出玉面はカウントの7Cが若干響いてるのかボーダーラインとしては辛め印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

電チュー戻しは1個で、いわゆる中規模の長さの電サポ中はボーダーラインの底上げが不可能となります。

しかしながら、この間は、玉減りを抑えるため、無駄玉を打たないように工夫しながら打っていくべきでしょう。

大当たり中はアタッカー賞球10個とやや大きいので、なるべくここでオーバー入賞などの技術介入は敢行し、きっちり取っていきたいところです。

ボーダーラインら見てもあからさまに辛いといえるので、25回/千円を当たり前に回るようなレベルの台で腰を据えるようにしなければなりません。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.9回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得63個)

推定相場 1Rあたりの獲得60個 22.0/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CR銭形平次withでんぱ組(銭形平次2) スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

本日の新台は銭形平次2になります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、100%で確変に突入し、限定73回のSTタイプとなっています。

大当たりの振り分けは4R、8R、12R、16Rの4種類で、若干ですが、出玉具合が荒れやすくなっています。

割合から見てもメインは4R(540個)と12R(1600個程度)になりそうではあります。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっていますので、基本的に通常時は玉持ちが良くなっています。

平均連荘は2.86連ちゃんで、前作よりも比較的マシになっていると言えます。

しかし、その分初当たりの確率も落としつつ、16Rの割合が低くなっている為、結果出玉面も弱くなっています。

よって、総合的なボーダーラインは辛め印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

今回から電チュー戻しは1個となり、必然的に73回転の長い電サポ中でのボーダーラインの底上げが不可能となります。

逆にこの点は、現場での釘調整が厳しくなることは少ないと思われますが、電サポ73回転が毎回ついてくる分、そこで削る調整もあり得ますので、一応釘調整をチェックしておくべきでしょう。

そして、大当たり中はアタッカー賞球15個と大きく、ゲージを見る限り、オーバー入賞などの技術介入可能とみていますので、果敢にチャレンジしていくようにしましょう。

繰り返しになりますが、ボーダーラインは辛く、出玉面で底上げというよりは、回る台を打っていかなくていけません。

順当な勝ちを求めるならば、25回/千円程度は求めらると考えています。

上級者のボーダーラインは、18回/千円程度と推定し、初級者中級者においては23回/千円以上回る台を打っていくというのが最低ラインになると考えています。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.3回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得140個)

推定相場 1Rあたりの獲得135個 20.0/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2

ワープ釘に玉が引っかかって警察に通報!?ワールドメッセージと負け戦を耐える日々  


<スポンサードリンク>


1484525196531.jpg

「ワープ釘に玉がひっかかっている!」

たまに引っかかるならともなく、頻繁なんで、まぁ、ムカつきますよね!

ワスなんかはまず、「釘調整した後に試打しないの?」とも思うわけでして…。

こんなのどう見てもお客からすれば、決して精神衛生上良いものではありませんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


さて、この玉が引っかかる現象というかこういう台は、たまに見かけますよね。

お客の対応はは、通常であれば玉が引っかかった場合は、店員さんを呼んで、取ってもらって…て感じでOK。

お店側の対応はその際に、「ごめん、これで勘弁してね♪」って感じで玉をヘソに入れてくれる場合がほとんどです。

ただ、今回のワスの場合は、頻繁に玉が引っかかってしまってイラッとしたので、「その都度店員さん呼んだろか?」とも思ったわけです。

そうすると、店員さんも「毎回呼ぶんじゃないよ」なんて思うでしょうか?(いろいろダメな店だけどw)

ということで、ワスは試しに店員さんを呼んでみましたところ…。

トビラを開けて、玉を取ってハイ何もなしと…w



\マジ、ダメな店ですわw/


規定で、抽選や賞球を妨げるよな釘調整をしてはならないことになっているので、この上に店員の態度が悪いとなるとダメな店の最たるものですので、その場合はもう痛い目に遭わせるしかないのですかね。


ワス「文句あるんなら、この写真撮って警察に通報しますよ、キリっ」


なんて言っても良いくらいです。
(小生はびびっておりますがw)

ホール側とすれば、警察を呼ばれてゴタゴタするのが一番嫌なことでしょう。

ですから、玉が頻繁に引っかかるような台はごくまれに店長がその場で釘を叩いて修正する場合もあるかもしれません。

って言っても、営業中にスロの設定変更したり、釘を調整するのは違反w
(通常は電源落とすかな?)


もう一つ大事なところは、このワープ釘のところに玉が引っかかるのは賞球を妨げる釘調整かの判定としても微妙なラインかもしれません。

個人的にはアウトだと思っていますが…。


gokuakukugi.jpg


ネットなどに上がっている賞球口の真上の釘で引っかかってるような写真も見かけますが、この場合は完全にアウトです。

なので、「写真を撮って生活安全課へ通報して良し!極悪店の証拠で良し!」場合によっては営業停止になることもあり得る話でしょう。

パチンコ屋って1つダメなところが見えると、どんどん悪い部分が細胞分裂のごとく見えてきますよね。
-- 続きを読む --
稼動・実践・感想の関連記事

category: 稼動・実践・感想

thread: パチンコ・パチスロ日記

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRパトラッシュJ(ブルー) 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

本日の新台はパトラッシュの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、100%で確変に突入し、限定50回のSTタイプとなっています。

大当たりの振り分けもヘソと電チュー共通4Rと14Rの2種類で、荒れる要素も少なくシンプルな仕様になっていると感じます。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球5個となっていますので、基本的に通常時は玉持ちが良くなっています。

平均連荘は2.8連程度と比較的マシなほうではありますが、出玉面は、賞球やカウントが低いところに弱さが見られ、ボーダーラインは辛め印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

電チュー戻しは2個で、50回転の電サポ中での底上げが可能とみています。

電サポ50回転が毎回ついてくる分、現場での釘調整が厳しくなる場合もあるので、電サポ釘およびスルー釘はあらかじめチェックしましょう。

技術介入を見据えても上級者で微増レベルと見ています、初心者の方は、なんとか現状維持~微減で抑えていくことが大切です。

そして、大当たり中はアタッカー賞球8個と少なめで、ゲージを見る限り厳しい印象もありますが、出来る限りでもオーバー入賞などの技術介入は敢行すべきです。

先よりボーダーラインは辛いです。出玉をきっちり取って、25回回ってやっと腰が据えられるというレベルですので、ボーダーからちょい越え程度では勝つということは厳しいでしょう。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.9回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得49個)

推定相場 1Rあたりの獲得45個 21.6/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

ついにパチンコ店1万店舗割れる!ホールはどう考えても釘を締め過ぎだよね!  


<スポンサードリンク>


patiheiten.jpg

全国にあるパチンコ店の数が1万軒を割れたとのことです。

全盛期にパチンコユーザーが3000万人もいた中、現在は1000万人以下と1/3以下に減少していることや、相次ぐメーカーの倒産を見れば、業界衰退は火を見るより明らかです。

業界の一部であるパチンコホールの減少も自然の流れではあります。

☆URL:全国のパチンコ店が遂に一万店舗を割る。止まらない店舗減少の流れhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00124788-hbolz-soci
引用:
全国のパチンコ店の組合である、全日本遊技事業協同組合連合会(通称:全日遊連)の発表によれば、加盟店舗数が2016年11月末現在で遂に10000店舗を割った。

 全日遊連には、日本全国のパチンコ店の99%以上が加盟しており、発表された資料には「9993店」と記されている。最盛期の1995年には全国に18200店舗あった店舗が、わずか20年で45%も減少した。

 直近の1年間で言えば、平均して毎月37店舗が廃業しており、18店舗が休業している。12月末には「MAX機」が完全撤去となり、遊技機の入れ替え費用の負担に耐えられず廃業する店舗が増えることは必至で、店舗減少のスピードはより加速化すると言われている。
:引用終了

☆URL:全日遊連加盟店舗数が10,000軒割れhttp://www.p-world.co.jp/news2/article.cgi?No=8941
引用:
全日遊連が毎月実施している組合加盟店実態調査で、昨年11月末現在の加盟店舗数が初めて1万軒を割り込み、前月末比28店舗減の9,993軒で推移している。組合加盟店舗数の減少はこれで23ヶ月連続。

 設置台数はパチンコが前月末比7,992台減の257万292台。11ヶ月連続の減少。パチスロは同904台増の152万5,852台。こちらは2ヶ月連続で増加した。
:引用終了
-- 続きを読む --
ニュース・話題の関連記事

category: ニュース・話題

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 4
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop