甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム »2016年07月
2016年07月の記事一覧
<スポンサードリンク>

【攻略メモ】CR嬢王(甘デジ) 釘と止め打ちのポイント解説   


<スポンサードリンク>


CR画像.1

ども。
ワスです(#^.^#)

ランキング現在28位でございます、好位置だどー\(^o^)/
読者様の清き一票で当ブログは継続できております♪
ありがとございます(-人-)ナムナム

↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さて、CR嬢王の甘デジの攻略メモです。
やはりこの台も普通に打っては勝てない台ですのご注意を!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
技術攻略・釘解説・止め打ちの関連記事

category: 技術攻略・釘解説・止め打ち

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRガールズ&パンツァー 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


garupan.jpg


本日の新台はガールズパンツァーの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、85%で確変に突入し、80回限定のSTタイプとなっています。

スペックボーダーラインとしては、連荘性と出玉面が弱く、その結果、辛目の印象となっています。

なお、出玉面はラウンド振り分けが多く、これも出玉状況が荒れる要素となります。また、確変突入でも電サポ20回という振り分けもあるので、確変を途中で捨てないようにも注意が必要でしょう。

電サポは80回と長く、電チュー戻しは2個なので、多少なりとも玉を増やして底上げを図りたいところです。

相場としては良くて微増が関の山だと見ていて、「技術介入で少々の増え程度」とみています。

なお、昨今では玉削りが激しいホールもありますので、あらかじめスルーやアタッカー関連の釘をチェックしておきましょう。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.3回/千円付近となり、終日勝負する場合では、回転率23回以上を目指していくと良いです。

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

本日もありがとうございますたm(__)m
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRデラマイッタ3 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


deramaita.jpg

本日の新台はデラマイッタの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は5%で確変に突入し、60回限定のSTタイプとなっています。

連荘や出玉獲得の主な流れは、【1/99の初当たりを引く→時短60回で1/99を引く→ST突入でST60回+時短40回】が王道になり、出玉の振り分けも2種類と比較的荒れない仕様ではあるかと思います。

肝心のスペックボーダーラインは、出玉面も弱いわりには連荘性にも乏しく、ヘソ4個戻しを加味しても、かなり辛めの印象となっています。

さらに電チュー戻しも1個で底上げ自体も不可能で、よって大当たり中のオーバー入賞のみに委ねられます。

長い電サポで少々の玉削りも想定すると、現状ではあからさまに回るような釘調整でもない限りはなかなか手が出にくい機種だと言えます。

こういった機種は、明確に釘を開ける信頼できるホールをまずは選んでいくことが重要になります。

出玉をフル獲得時のボーダーラインは22.9回/千円付近となり、ひとまずは、ここの数値を目指して、回転率を慎重にみていきましょう。

実践される場合は、下記数値を参考にがんばってみてください。

本日もありがとうございますたm(__)m
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CR織田信奈の野望 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


odanobuna.jpg


本日の新台は織田信奈の野望の甘デジになります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は100%で確変に突入し、50回限定のSTタイプとなっています。

ご覧の通り、初当たり確率が1/89と優しいタイプになっており、さくさく初当たりを引ける印象です。

そして、ボーダーラインスペックは、、出玉面としては標準程度とは感じますが、いっぽうで連荘性が弱くなっており、ヘソ賞球4個を加味してもやや辛目の印象となっています。

ただ、電サポは50回で、電チュー戻しも2個となっていますので、出玉を多く獲得できる可能性もあります。

電サポ中の動向が重要になってきそうな感じがしますので、少なくともこの間は最低でも玉の減らないように工夫しながら打っていきましょう。

初当たりが軽い分保留はプラスアルファで、回転率に乗ってきやすくなりますが、20回程度回っていても厳しいといったスペックですので、ここを念頭において台選択をしていきましょう。

出玉をフル獲得時のボーダーラインは20.2回/千円付近となりますので、ここを目指しつつ、回転率をみていくことが大切です。

実践される場合は、下記数値を参考にがんばってみてください。

本日もありがとうございますたm(__)m
-- 続きを読む --
機種別ボーダーライン・損益分岐点の関連記事

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

パチスロ名機の旅part2~鬼浜爆走愚連隊~  


<スポンサードリンク>


ども!ワスです(^^ゞ

続いて移動した台はこちら。


CRネタ
ぶっこんでくんでよろしくぅ!でお馴染みの鬼浜です。

ボーナスストック機でしたね♪


この台を打ち始めるとほどなくして…、




CR画像
カットビゾーン突入。



釘
対決で勝利しましたぜ!



CRネタ
天下無敵!
-- 続きを読む --
名機・珍古台の関連記事

category: 名機・珍古台

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop