元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム »考え方、応用、常勝精神
カテゴリー「考え方、応用、常勝精神」の記事一覧
<スポンサードリンク>

パチンコは粘りか勝ち逃げか?「せっかくプラス収支だったのにマイナス収支になってしまった」  


<スポンサードリンク>


CR画像.2


「終日の勝負で、一時プラス収支になって結局、出玉が飲まれてマイナス収支になることがよくあるんです」

パチンカーにはよくあるこの悩み。

プラス収支だったのにやがてマイナス収支に転落すると、なんといいますが、すごい負けた感と同時に疲労感も沸き起こってくるものですよね。

まず、この現象ですが、日常茶飯事というか、当たり前に起こることです。

長くやっていく上でパチンコはなかなか思うようにいかないことも多々ですが、これはその中のひとつでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー結果論しか見えない心理が働くー


「プラスだったあの時、辞めてれば良かった」

人間の心理として、大半の人が思います。

もっと飛躍した話になると、大負けしたときは、「今日は行かなきゃよかった」などと悔やむこともあります。


それでは、「勝ち逃げ」をしていたほうが良いのか?というと、それは結果論に過ぎません。

逆に見れば、続行して逆に出玉が飲まれずに、さらにプラス収支が伸びるときだってあります。

そうすると、

「やっぱり続けていて良かった」

とも当たり前のように思うわけです。

また、負債を抱えたマイナス収支から挽回してプラス収支になったときも同じように思います。


ー「粘りのパチンコ」と「勝ち逃げのパチンコ」ではどちらが良いのかー


この答えは、当ブログで何度も書いていますし、すでに出ていますが、「長い目で大きな勝ち(利益)を出すこと」に意味があります。

ですので、終日での小さな勝ち負けではありません。

個人的には、精神的にモチベーションの低下がひどいのであれば、勝ち逃げしても別にいいと思います。

しかし、この行動が根本的な解決になるかというと、それは違いますし、ここにこだわるのも、ちょっと危険かなと考えています。


「続行して収支がさらに伸びることがある」

改めて冒頭のほうで書いたことですが、収支を伸ばすために、勝算の立つ台で粘ることは大事です。

そして、勝ち逃げのクセではなく、粘るクセをつけることが結果としては、大きく勝てることになります。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 考え方、応用、常勝精神

thread: パチンコ・パチスロ日記

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

9割の人は勝つパチンコは何も始まっていない!勝負における有利不利(優位性)を考えること  


<スポンサードリンク>


CR画像

「どうしたら勝てるんですか?」

これはみなとに多い質問のひとつなわけですが、当然ながらこれは負けているからこその悩みでもあり、「勝ちたいけれど何をしたらよいのかわからない」というものだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「なぜ、あなたは負けてるんですか?」

この答えは当然ながら”負ける方法を忠実に実践しているから”です。また、負けている理由がわからないと、勝てる理由もわからないということですので、今すぐに負ける実践など辞めましょう。


ー負けている理由列挙ー


「ホールを適当な理由をつけて選んでいませんか?」

「機種を打ちたいだけで選んでいませんか?」

「打とうとする台の情報を知らないまま打っていませんか?」

「打ち始めたら画面ばかり見て、何も考えずにただ当たるのを待っていませんか?」

「時間や約束を守れていないのではありませんか?」

「収支記帳を怠っていませんか?」

「釘を見ようともせず、関係ないと思っていませんか?」

「どれくらいの回転率かなどを計算していないのではありませんか?」

「自分のことしか考えず、マナーを守れていないのではありませんか?」

「財布の中身が空っぽになるまでやっていませんか?」

「すぐに一発逆転を狙っていませんか?」

「根拠のないオカルトなどを信じこんでいませんか?」

ひとつでも当てはまっていると感じた場合は、今一度自分を見直し、改めるべきだと思います。また、勝ちの連続や負けの連続である連勝や連敗も同じことです。


「よくわからないけれど、連勝して30万円ほど勝っている」

長くやっていれば、一定期間ではこのような嬉しく楽しい状況もあり得ることです。しかし、もともと勝ったり負けたりを繰り返す性質のパチンコには逆に連敗で30万円マイナスになることも当然あります。

中には、「負け始めてマイナスになったら打たないで休む」で片付けてしまうのかもしれませんが、これでは収支がマイナスになった後の祭りになりますし、休んだところでどこまで負けるかも分かりません。

つまり、「-30万円になった時にどうするべきなのか」をつねに説明出来るようでなければ、今のプラス収支も一時的なものになる可能性が高いのです。

とくに初心者などは単なる感でやっていたりしますので、この連勝している理由が分からなければ、連敗している理由も分からず、勝った金額以上にお店に返上することになるのです。
-- 続きを読む --

category: 考え方、応用、常勝精神

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 6

よく回る台に限って当たらない?勝てない?確率の収束と当たり欠損  


<スポンサードリンク>


CRネタ


「パチンコの確率なんて収束しない」


読者の皆さん、こんにちは!ワスですm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パチンコは確率であり、確率にはご存じの通り「収束」というのがあります。しかし、この収束というものを誤解している方々が多いと感じますので、「パチンコの確率の収束」について解説していきます。


ー甘デジの通常確率1/100がいつ1/100になるのか?ー

おそらく大半の方が、実践で”表記の通常確率通りにならない”ということを感じていることでしょう。

ただ、ここで誤解していけないのことは、1/100がすぐ1/100になるのではありません。

実践値が1/100になるのが、明日かもしれないし、一か月後かもしれませんし、これは正直誰にも分からない事です。


そもそも、パチンコの確率は何十万何百万と試行した上での平均した値です。100個の中の当たりが1個で1/100といった単純な仕組みでもなく、どちらかというと100/10000や500/50000といったイメージだと言えます。

もう少し、突き詰めると分母が10000という数値であれば、わたしたちがたかだか100回転回した程度では当たりが引けないことも当たり前のようにあるでしょう。



ーパチンコにおける確率の収束とはー

確率の分母である数万という回転をこなしていくことで、はじめてこの確率の数値に近づき、すなわち、【試行を膨大にすれば平均値としては1/100には近づく(近似値)】と理解することができます。

これをいわゆる”収束”という意味で使用しているのが一般的です。


実際には「今日、2回当たりが欠損したから明日は2回余剰する」と思ってもそうならなかったら「収束しないじゃないか」というのは間違いになります。


1日目:1/150(引けない)
2日目:1/125(引けない)
3日目:1/80(引けた)



これらを平均すると、この時点では平均で1/118となり、この数値が表記確率に近付いていくという感じになります。



ーほんとに収束すると確実に負ける事実があるー

わたしたちは数値の収束を目指しているわけでもありませんし、そこが終着点でもないのです。

簡単に確実に収束してしまうと、大半の人は単純に負けますし、その証明としてユーザーの多くがトータル的に負けていることも現実としてあるわけです。

逆に言えば、パチンコの確率は平均値としてきっちり収束しなくても理論値に近付くだけで良い(勝てる)のです。


加えて”収束しない”と嘆く理由は、だいたいが当たりがついてこない時だけです。もし、爆連し、当たりが余剰していても同じことが言えるでしょうか?

これらは結局は、自分自身の都合が多く占めているような気がします。

ちなみに1/100の甘デジタイプ→1/200ライトタイプ→1/300ミドルタイプ→1/400のマックスタイプの順に分母は大きくなりますので、そこに比例して、近似値になるまでにそれだけ試行回数が必要となります。

そして同時に分母の大きさは”短期的な荒れやすさの大きさ”であるということが出来ます。
-- 続きを読む --

category: 考え方、応用、常勝精神

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2

パチンコの勝率を上げる要素は釘!平均勝率100%のからくりと常勝理論(常勝精神論)  


<スポンサードリンク>


CR画像

「毎日勝つことが常勝ではない」


読者の皆さん、こんにちは!ワスですm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


パチンコをやる以上、「勝率を上げたい」と思うことでしょう。また、誰しも常勝することが目的のはずです。今回はそのためのご参考になればと思います。


・いったい何をもって勝率の高低を決定するのか
ひとくちに勝率と言っても打ち手の環境もレベルも違えば、尺度も違いますので、なかなか明確な答えがでにくいのです。

また、根本的に短期的な視点では捉えないパチンコでは、勝率を意識すること自体に本来あまり意味をもたないものであるとも言えます。

多くの方がカウントしている終日単位での勝敗でさえ、例えば1時間打っただけでも”その日は勝ち(負け)”とカウントになってしまいます。


・長期的に見るほど勝率は100%に近づく
勝ち方を理解でき、忠実に実践を重ねていければ、勝率は一日単位では50%でも、週単位では75%、月間単位では90%、年間単位では100%というふうになっていきます。

これは、トータル平均で見れば勝率100%になるわけですが、一日単位で平均するとプロでも60~70%程度と思われます。

当たらない日も当然ながらあり、”毎回勝つ”ということは不可能です。


・勝率を上げる要素は勝率は台や機種ではなく、釘の良さ
勘違いしやすい部分ですが、台や機種で勝率が上がるといったことはありません。勝ちやすいかどうかは釘調整で決まり、つまり、釘調整も短期的な勝率に影響はするものです。

終日では運の要素が大きく占める中で、回転率や出玉の高い台、いわゆるボーダーラインからプラスの値の台を打つほど勝率は上がります。


・パチンコの勝率は重要ではない
繰り返しになりますが、勝率は一般的には終日単位で区切ることが多いと予想されますが、長期的に区切ってその平均で見ていきます。

勝率が高くても利益が少ない、または残せなければ意味がないのです。損小利大を実現するために、どうしても利益を伸ばさなければなりません。

勝敗だけの勝率も短期的に区切れば勝ったり負けたりになりますが、少なくとも月間以上の視点で見ていくべきですが、そこまでパチンコの勝率にこだわる必要もないと考えています。


そして、勝ち続けるという言葉と同時に「常勝理論」「常勝精神論」があります。わたしたちが目指すべきは常勝なわけですが、それがどういうことなのか少しながら解説しておきたいと思います。
-- 続きを読む --

category: 考え方、応用、常勝精神

thread: パチンコ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

「出方がおかしい」と感じるのは当然!パチンコの確率と設定の疑念  


<スポンサードリンク>


CR画像

「当たり方がおかしい」
「出方がおかしい」


パチンコスロットをやっていると必ずといっていいほど、このような体験をするでしょう。


読者の皆さん、こんにちは!ワスですm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


・出方がおかしい、当たり方が怪しいと思う感覚
ほとんどのパチンコユーザーが目の前の現象を追っていますので、このような感覚になるのも当然といえば当然です。

むしろ、”お客がそのように感じるように作っている”とも言えます。

よく皆さん言われてるような「出方がおかしい=ホールの不正」というような感覚においてはほぼ『気のせい』だと思われます。(不正のホールがゼロではないこともあるので、この感覚が100%間違っているとは言っていません。)


・プレミアムリーチが外れる現象
「プレミアムリーチがはずれた」との話をたまに聞くことがあります。しかし、ほとんどの方は「当たり確定だ」ととらえているはずですし、「なんで?」と思うことでしょう。

もちろん、ホール側の不正も完全に否定できませんが、それよりも、パチンコは機械であり、バグも起こりえますし、メーカーサイドも何事も「100%の確率で…」ということは言えないかと推測されます。

パチンコはこれをひとつはずしたくらいで負けるものではありませんし、よって、プレミアムリーチは限りなく100%(9.9999999999…%)で当たりと覚えておきましょう。


・パチンコの設定の有無
「パチンコにもスロットのように設定があるんじゃないのか」と思う方もいるかもしれませんが、現在は設定は授けてはならないことに決められています。

この”設定の意味合い”自体が個々でどうとらえているのかがわかりませんが、もしスロットのような設定があるのであれば、こんなに釘を閉めることもなく、そもそも釘調整も必要がないでしょう。


・昔はパチンコにも設定が3段階存在
余談ですが、昔はパチンコにも設定が存在し、それはスロットのようなものでパチンコの場合は1~3の3段階です。大当たり確率がやや甘くなるということで、スロとは逆で1が最高設定だったのです。

この手の話は、釘さえ開いていればいいので、遠隔やホールコン説同様に「現状で有っても無くてもほぼ個人の勝ち負けには関係ない」と言えそうなレベルであまり意識しなくても良いと思います。



人々はなぜ、このようなに感じてしまうのかというと”パチンコは確率だからである”と言えます。そして、その中身は単純なものではなく、わたしたちが想像している以上にかなり荒れるように作られています。

それは人々の心理を上手に突くような仕組みとなっており、冷静に捉えていく必要があると思います。
-- 続きを読む --

category: 考え方、応用、常勝精神

thread: パチンコ・パチスロ

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 4
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop