元セミプロのパチンコで負けないブログ ホーム »機種別ボーダーライン・損益分岐点
カテゴリー「機種別ボーダーライン・損益分岐点」の記事一覧
<スポンサードリンク>

CRスーパー海物語IN沖縄4(アイマリン) 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

本日の新台は沖海4の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、100%で確変に突入し、限定5回のSTタイプとなっています。

おなじみの海物語シリーズですが、中身の仕様は従来通りといいますか、目立って変更もなく、荒れる要素が少なく出玉も2種類で安定した展開が望めそうです。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.5連程度く、そして出玉面が賞球11個とバランスも良いでしょう。

よって悪くもなく、良くもなくといった感じで、総合的なボーダーラインは標準の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

電チュー戻しは2個のため、50~100回の中長規模的な電サポ中にて、一応ながらボーダーラインの底上げの可能性は残しています。

ただ、当機種は、基本は左打ち機であり、さらに、電チュー開放も玉のスルー通過分に限定されるなど仕様面からあまり期待ができないでしょう。

出玉を増やして底上げはできる見込みはかなり低いと推測されますが、この間は、無理をせずに、現状維持や微減で抑えられるように工夫しながら打っていくようにすべきです。

同時に、大当たり中はアタッカー賞球11個と大きく、ワイドアタッカーのようですが、目立ってオーバー入賞の技術介入は困難と見ています。

無理をしてしまうと、時間切れになってしまうこともあり得るので、基本的に出玉計測は「1分間で100発発射」ということを軸にストップウォッチなどを活用し、時間で計ると良いです。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.3回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得80個)

推定相場 1Rあたりの獲得75個 20.6/千円

毎度のことではありますが、右側のゲージもあるので釘調整が悪くない場合では、右からも玉を流しながら回転率アップや出玉獲得アップを狙うことも可能です。

回転率としては、25回/千円を超えてくるような台が望ましいですので、このへんは臨機応変に失敗を恐れずにチャレンジしていきましょう。


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRダーカーザンブラック ライトタイプ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

本日の新台はダーカーザンブラックのライトタイプになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、50%で確変に突入し、次回まで継続する確変機タイプとなっています。

確変突入率は50%で、1/2が悪いほうに偏ることによる苦しい展開も可能性も十分にあり得るでしょう。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっていますので、比較的良い玉持ちで通常時を消化できそうです。

平均連荘は2.4連程度で、若干弱い気もしますが、一方で出玉面は、アタッカーが14個賞球と良い仕様で、全体としてもそこまで悪い印象はありません。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは標準~やや辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

本機は右打ち機ながら電チュー戻しは1個により、電サポ中にて、玉を増やしてのボーダーラインの底上げが不可能となります。

しかしながら、現状維持や微減程度で抑えるためにも、玉の減らないように工夫しながら打っていく必要があります。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球14個と大きいので、少しでも多く出玉獲得をするべく、オーバー入賞を狙っていきましょう。

当機はライトタイプになりますので、出玉に依存するのではなく、できるだけ回る台を打っていくべきでしょう。

なお、出玉の増減によるボーダーラインへの影響度は高いので、出玉面には細心の注意を払いながら、立ち回っていくべきだと考えます。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19..5回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得117個)

推定相場 1Rあたりの獲得110個 20.6/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRDD北斗の拳ユリア 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.2

本日の新台はDD北斗の拳の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、56%で確変に突入し、36回限定のSTタイプとなっています。

確変突入で電サポは40回となりますが、内訳は”ST36回+時短4回”です。時短4回はおまけ程度といった感じになるでしょう。

また、通常確率は、1/78と軽くなっていますので、回転率にじゃっかん上乗せも期待できるでしょう。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.4連程度で、可もなく不可もなくといった感じですが、一方で出玉面は、アタッカーが6個賞球に加えて、初当たり時の出玉は200個弱と少なく、この影響で全体のスペックが落ちています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

電チュー戻しは1個により、電サポ中にて、玉を増やしてのボーダーラインの底上げが不可能となります。

しかしながら、現状維持や微減程度で抑えるためにも、玉の減らないように工夫しながら打っていく必要があります。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球6個と若干弱いですが、玉一発は貴重ですのでオーバー入賞を狙い、きっちり出玉を獲得していくことが大切です。

総合的に見ても辛い台ですので、終日勝負、そして勝ちを狙うのであれば、技術介入は必須とともに25回/千円を超えてくるような回転率はほしいと見ています。

なお、出玉の増減によるボーダーラインへの影響度は高いので、出玉面には細心の注意を払いながら、立ち回っていくべきだと考えます。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、21.6回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得50個)

推定相場 1Rあたりの獲得45個 24.0/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CR魔法少女リリカルなのは 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

本日の新台は「リリカルなのは」の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、65%で確変に突入し、次回まで継続の確変継続機タイプとなっています。

当たりのラウンドがランクアップボーナスも含めてこまめに振り分けがあり、収支が荒れやすい要素と言えます。

また、通常時(初当たり)では、3割くらいは出玉無当たりとなっていることで、出玉へつながりにくく、苦しい展開となることもありえます。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は3.2連程度と良いほうだと言えますが、出玉面は、振り分けで出玉無存在するため、この影響で全体のスペックが落ちています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインはやや辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機により、電チュー戻しは2個のため、電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性を残しています。

ただ、基本的に次回確変機ながら、全体として電サポはそこまで乗ってこない仕様と見られ、玉増やしなども大きく底上げは厳しいと見ています。

勝負で勝つことを考慮すれば、出来る限りではありますが、この間は現状維持か、微増程度は目指したいところです。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球9個と若干弱いですが、玉一発は貴重ですのでオーバー入賞を狙い、きっちり出玉を獲得していきましょう。

総合的に見ても、辛目ですので、終日勝負、そして勝ちを狙うのであれば、技術介入は必須とともに25回程度の回転率はほしいと見ています。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.5回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得72個)

推定相場 1Rあたりの獲得65個 22.6/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CR巨人の星情熱の炎 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.1

本日の新台は巨人の星の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本機は、100%で確変に突入し、限定50回のSTタイプとなっています。

当たりのラウンドが6Rと16Rの2種類で、荒れる要素も少なく、比較的シンプルな仕様ですので、安定的な展開が望めそうです。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

出玉面自体は悪くありませんが、平均連荘は2.1連程度と弱さが見られ、この影響でスペックが劣っていると思われます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

電チュー戻しは2個のため、毎回50回の中規模的な電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性を残しています。

スペックが辛目ですので、この間は玉を増やしながら消化し、大きく底上げを図っていきたいところです。

少なくとも、電サポ50回で玉が減ってしまうような台では続行しないようにしなければなりません。

さらに、大当たり中はアタッカー賞球12個と大きいので、オーバー入賞を狙っていきたいところです。

総合的に見ても、終日勝負、そして勝ちを狙うのであれば、技術介入は必須とともに25回程度の回転率はほしいでしょう。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.2回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得72個)

推定相場 1Rあたりの獲得65個 22.3/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop