甘デジ専門のセミプロによるパチンコ常勝ブログ ホーム »機種別ボーダーライン・損益分岐点
カテゴリー「機種別ボーダーライン・損益分岐点」の記事一覧
<スポンサードリンク>

CR天元突破グレンラガン ライト(1/199) スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.3

本日の新台は天元突破グレンラガンのライトになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入率が50%で、104回限定のST確変機タイプとなっています。

まず、初当たりからの確変突入が1/2ですから、
これが勝敗へのひとつの大きな鬼門となります。

この1/2は予想以上にかたよることも十分考えられ、
よって、短期間では苦しい展開もありえるでしょう。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.5連程度と標準的な数値となっており、
大当たり賞球やカウント、大当たり振り分けなどの総合的な出玉面は良いほうだと言えます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは標準からやや甘めの印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは2個のため、
長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性を残しています。

電サポに関しては、すべて100回と長いので、
ここで出玉の大きな差が出てくる可能性があります。

この間はなるべく玉減りをおさえ、
最低でも現状維持程度を目指していくべきと考えます。

また、大当たり中はアタッカー賞球15個と最大値となっていますので、
オーバー入賞を敢行し、底上げを図っていくようにしましょう。

総合的にみれば、最近の台にしては良いスペックだと思われます。

そうは言っても、ライトスペックですので、”回る台=勝ちやすい”となります。

また、そのぶん釘調整も厳しくなりそうだとも言えます。

よって、釘チェックも慎重に行いつつ、
出玉よりも回転率を優先しながら、勝負を展開していくことがベストでしょう。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、19.0回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得112個)

推定相場 1Rあたりの獲得105個 20.3/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRぷらちな金の花満開 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.2

本日の新台は金の花満開の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入率が33%で、100回限定のST確変機タイプとなっています。

初当たりからの7割ほどが「通常当たり時短30回」となりますので、
2~3連続単発などは当たり前にあると予想されます。

また、初当たりも1/119とやや重くその分ハマリが大きくなるうえ、
確変獲得へなかなか突破が出来ない苦しい展開も容易に想像できます。

ただ、いっぽうで確変に突入すれば、大きな連荘や出玉にも期待が持てる仕様とも言えますが、
展開や収支が荒れることは必至となりそうです。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.0連程度と、確変獲得までの道のりが険しいことから弱くなっています。

しかしながら、大当たり賞球やカウント、大当たり振り分けなどの総合的な出玉面は良いほうだと言えます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、
中長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げが不可能となります。

電サポに関しては、平均で50回程度はついてくると思われますので、
この間はなるべく玉減りをおさえ、最低でも現状維持程度を目指していくべきと考えます。

また、大当たり中はアタッカー賞球14個と大きいので、
オーバー入賞を敢行し、底上げを図っていくようにしましょう。

総合的にみれば、辛い台のうえ、苦しい展開も必至なので、
終日勝負では、確実に25回/千円以上はほしいところだと考えます。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、22.3回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得117個)

推定相場 1Rあたりの獲得110個 23.6/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CR大海物語4ブラック(1/199) ライト スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.2

本日の新台は大海物語4ブラックのライトになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入率が50%で、50回限定のST確変機タイプとなっています。

大当たり振り分けを確認すると、すべて電サポ100回となっていますが、
内訳は「ST50回+時短50回」および、「時短100回」となります。

まず初当たりでの50%を引くことが、
まとまった連荘や出玉獲得のカギとなるでしょう。

7R通常を引いたとしても時短100回あり、
引き戻しは3割程度となる見込みです。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は3.0連程度と、連荘性は悪くはありませんが、
出玉面に関わる各要素が全体的に微妙に落とされている印象も受けます。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインはやや辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は左打ち機ながらも電チュー戻しは2個のため、
長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性を残しています。

大海4のゲージはそのまま引き継がれている想定されますので、
釘の相場的にも電サポ中は出玉増の見込みは薄いでしょう。

よって、増減なしである現状維持を目指して、
工夫しながら消化していきましょう。

また、大当たり中はアタッカー賞球14個と大きく貴重、かつ底上げの唯一の機会になりますので、
オーバー入賞打法を出来る限りチャレンジしていきましょう。

なお、海シリーズ特有の回転スピードがある分、
ボーダーラインを下回る台を打つことはそれだけ負けやすくもなってきます。

なにより、勝ちを意識する上ではライトタイプということなので、
出玉面よりもとにかく回る台を打っていかなくてはなりません。

回転率を上げるためにも、お馴染みになりましたが、
右側の釘調整も確認してベストストロークにて挑みましょう。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.1回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得104個)

推定相場 1Rあたりの獲得100個 20.9/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 2

CR春一番ぷらちな 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.1


本日の新台は春一番の甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入率が65%で、70回限定のST確変機タイプとなっています。

初当たりからの6割は確変となりますので、
それなりにSTは引けるかと予想されます。

ただ、大当たりの種類がラックアップボーナス含めやや多くなっており、
展開や収支が荒れる要素もあります。

初当たりが重いうえに2R当たりは出玉はあるものの、
まともな出玉が得られない苦しい展開も考えられます。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は2.2連程度と、悪くはないと言えますが、
大当たり賞球が6個ときわめて少なく、この影響で全体のスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインはやや辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、
中期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げが不可能となります。

電サポに関しては、平均で30、70回となり、
消化時間もかかってきます。

この間はなるべく玉減りをおさえ、
最低でも現状維持程度を目指していくべきと考えます。

また、大当たり中はアタッカー賞球15個と最大値なので、
着実に狙って底上げを図っていくようにしましょう。

総合的にみれば、辛い台となりますので、
終日勝負では、25回/千円以上はほしいところだと考えます。

出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、22.0回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得140個)

推定相場 1Rあたりの獲得135個 22.9/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0

CRフィーバー機動戦士ガンダムZ 甘デジ スペック攻略情報 ボーダー&トータル確率  


<スポンサードリンク>


CR画像.4

本日の新台は機動戦士ガンダムZの甘デジになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本機は、確変突入率が0%で、次回まで継続する確変機タイプとなっています。

ということで、いわゆる、時短突破型タイプとなります。

初当たり後の時短100回、50回にて1/119を引き、その後確変突入となります。

なお、時短50回の振り分けが圧倒的に多く、苦しい展開になることも十分ありえます。


<スペックボーダーラインに関して>

まず、ヘソ賞球4個となっています。

平均連荘は3.0連程度と、悪くはないと言えますが、
出玉面における要素がすべて微妙に弱い印象を受け、この影響で全体のスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインは辛目の印象と言えます。


<大当たり中や電チューサポート時に関して>

当機は右打ち機ながらも電チュー戻しは1個のため、
中長期的についてくる電サポ中にて、ボーダーラインの底上げが不可能となります。

電サポに関しては、平均で50回程度はついてきそうですので、
玉減りをおさえ、最低でも現状維持程度を目指していくべきと考えます。

また、大当たり中はアタッカー賞球10個と影響もありますので、
可能な限りはオーバー入賞打法を実行するようにしましょう。

総合的には、辛い台ですので、勝ちを意識し、
腰を据えるとなれば、25回/千円程度を目指すべきと考えます。


出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.6回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得63個)

推定相場 1Rあたりの獲得60個 21.7/千円


実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 機種別ボーダーライン・損益分岐点

thread: パチンコ・スロット新台情報

janre: ギャンブル

tb: 0   cm: 0
<スポンサードリンク>



スポンサードリンク

カテゴリ

プロフィール

管理人へお手紙

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アクセス

資産運用してみよう♪

FXで夢を叶えよう!

オススメ図書♪

▲ Pagetop